足裏ヒーリング(フルラージュ・花)

足裏ヒーリング・「フルラージュ」

img_20130506-184227.jpg

☆足裏ヒーリング60分
足裏ヴァイタフレックス20分がついています  ¥5000(消費税別)

今までも大人気でしたが、新たに生まれ変わりました
オイルトリートメントでは、数種類の精油をブレンドしたオーガニックトリートメントオイルを使用します

足からも癒しを体験してくださいね

 

               

 足裏には体に投影している反射区があります。

そして、足裏にもチャクラもあります。

足の甲側にも大切な反射区がたくさんあります。

シャンティローズでは、ゆっくりと足湯をしていただいてから施術をさせていただきます。

ゆったりとした気持ちで半分寝ているような状態でリラックスをしていただけるとうれしいです。

足を触ると、眠ってしまうお客様がほとんです。



オープニングリフレクソロジーでは、足の裏、甲を丁寧にトリートメントいたします。

足裏のチャクラをヒーリングいたします。

足裏のチャクラヒーリングは、不思議な感覚☆

身体のチャクラへエネルギーが充電されていきますので、身体が軽くなっていきます。

そして、クロージングリフレクソロジーでは、ふくらはぎや、ひざ下までをトリートメントさせていただき、だんだんと覚醒していきます。

終わった後は、足はもちろんですが、頭の中が整理整頓されている状態になります。




温かいハーブティーで、身体を温めていただきます。




季節の変わり目です。足裏で手軽に体調を取り戻しましょう。



足裏ヒーリング「フルラージュ」を受けて、ハートが開いていく感覚を感じてくださいね。




ぜひお試しいただきたいです
 

 

 

リフレクソロジー(略してリフレ)とは、

REFREX(反射)OLOGY(学や論の意味)を合わせた造語です。
img_20120716-131840.jpg

痛くないリフレクソロジーの追求をしていたところ、

内分泌系と足裏の関係。
更に、チャクラの部分へのトリートメントの効果から、
リフレクソロジーの改良をすることにしました。

足裏の反射駆への精油塗布&足裏からのチャクラクリーニング&ひざ下までを約トリートメントを

させていただきます

アロマとヒーリングで、あなた様だけの癒しの時間を作りましょう

Shanti-Roseでごゆっくりお休みください

足裏ヒーリング「フルラージュ」40分

シャンティローズのカードポイントが10個貯まると受けることができます


※¥1500 で1ポイントです

 

 

 

からだのこと


更年期障害

更年期障害とは、更年期に現れる多種多様の症候群のことをいいます。

初経、妊娠・出産、閉経といった女性特有の体の働きを支配しているのが

卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

エストロゲンは40歳頃より低下しはじめ、閉経後も数年間は産生されていますが、

更年期障害はこのエストロゲンの分泌が急激に減少することも主な原因の一つです。


卵巣からのエストロゲンの分泌の低下などが、

神経性や代謝性のさまざまな生体変化を引き起こします。

環境因子や心理的因子が複雑にからみあっているともいわれています。


 


※エストロゲンの低下に伴い急速に発現する早発症状と、
閉経後数年から10年以上してから発生する遅発症状とがあります。

早期症状: のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、

めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれなどがあります。

遅発症状: 性交痛、萎縮性(老人性)、腟炎、尿道炎、尿失禁、皮膚委縮、

肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症、骨量減少症、動脈硬化症などがみられます。 


何かひとつくらいあてはまるのではないでしょうか?

 

 

からだのこと

チャクラは脊椎に関連するエーテル体にあるエネルギー・センター(渦)で、肉体の7つの内分泌腺及びメンタル体、アストラル体、肉体の調整と活性化を司り、意識の中枢と各身体の中継点としての役割をはたしている。(ウィキぺディアより)

チャクラのエネルギーが弱ると、元気もなくなります。


今回のチャクラについての文章は、内分泌系とのつながりについて、重点的に書いています。





第一チャクラ(根のチャクラ)根のチャクラ:副腎(コルチゾール、アドレナリン)
人がどうやって地球という大地に立っているのかをあらわします。
家庭や学校、会社のなかで自分の居場所を見つけることを強く求めるエネルギーです。
「安全に生きる」という安心感により、自分の存在が他者に認めてもらっている安心感を得ることができます。
第一チャクラは、腎臓、膀胱、直腸、脊柱、股関節 と関係しています。


第二チャクラ(丹田のチャクラ)丹田のチャクラ:卵巣、精巣(性ホルモン)
1対1:男女関係、友人関係、仕事上のパートナーシップ、師と弟子の関係など「自尊心」に関わりがあります
丹田のチャクラはあらゆる関係性の中心点となっています。
性腺に影響を及ぼし、子宮、大腸、前立腺、卵巣、精巣と関係しています。


第三チャクラ(みぞおちのチャクラ)みぞおちのチャクラ:膵臓(インスリン)
個としての自分を確立するプロセスに深く関わります。
みぞおちのチャクラは膵臓に影響を及ぼし、関係する身体器官や臓器は、肝臓、脾臓、胃、小腸です。
このチャクラの機能が弱まると疲労を感じやすくなります。


第四チャクラ(胸のチャクラ)胸のチャクラ:胸腺(サイモシン)
感情に関わりがあります。愛と憎しみ、喜びとつらさ、悲しみ、寂しさ、許し、慈しみなどです。
第四チャクラは、心の中心です。
第四チャクラは、免疫システムで重要な役割をはたしている胸腺に影響を及ぼします。関係する身体器官や臓器は、心臓、前胸部です。


第五チャクラ(喉のチャクラ)喉のチャクラ:甲状腺(サイロキシン)
喉のチャクラは意志の力の中心です。「自己表現」に関わりがあります。
喉のチャクラが影響を及ぼす内分泌系は甲状腺と副甲状腺で、身体器官や臓器は、肺、喉、腸と関係しています。


第六チャクラ(額のチャクラ)額のチャクラ:脳下垂体(性腺刺激ホルモン)
目と目の間に位置するため、「第三の目のチャクラ」と呼ばれています。
このチャクラは知性と叡智の座であり、直観と深く結ばれています。
第六チャクラは、内分泌系の脳下垂体に影響し、関係する身体器官や臓器は、目、下頭部、副鼻腔です。


第七チャクラ(頭頂のチャクラ)頭頂のチャクラ:松果体(メラトニン)
第七チャクラは人間の魂と霊性とのつながりを象徴しています。
物理的なレベルを超えた次元とつながり、宇宙の意志や宇宙からの生命エネルギー(気、プラーナ)が肉体に流れてくる最初の地点です
第七チャクラが影響する内分泌系は松果体で、関係する身体器官は脳です。