更年期障害とは

更年期障害

更年期障害とは、更年期に現れる多種多様の症候群のことをいいます。

初経、妊娠・出産、閉経といった女性特有の体の働きを支配しているのが

卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)です。

エストロゲンは40歳頃より低下しはじめ、閉経後も数年間は産生されていますが、

更年期障害はこのエストロゲンの分泌が急激に減少することも主な原因の一つです。


卵巣からのエストロゲンの分泌の低下などが、

神経性や代謝性のさまざまな生体変化を引き起こします。

環境因子や心理的因子が複雑にからみあっているともいわれています。


 


※エストロゲンの低下に伴い急速に発現する早発症状と、
閉経後数年から10年以上してから発生する遅発症状とがあります。

早期症状: のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、

めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれなどがあります。

遅発症状: 性交痛、萎縮性(老人性)、腟炎、尿道炎、尿失禁、皮膚委縮、

肥満、腰痛、肩こり、骨粗鬆症、骨量減少症、動脈硬化症などがみられます。 


何かひとつくらいあてはまるのではないでしょうか?


    
_